おすすめの占い師の求人募集について。未経験から在宅でも稼げる占い師になるポイントとは?

おすすめの占い師求人募集|未経験から在宅でも稼げる占い師になるポイント

占い師求人募集

私は占いが趣味で、将来は占い師になりたいとずっと考えていました。

占い師になるために、業界のあらゆることを調査しました。人気占い師への聞き込みなどを続けた結果、稼げる占い師になるためのポイントも知ることができました。

占い師の求人には、未経験でもOK!都合のいい時間だけ入れる!月収100万も可能!など魅力的な言葉が並んでいますが、当然そんなに簡単ではありません。ただ、年収1000万以上稼ぐ占い師が多くいるのも確かです。そうなるためにはいくつかのポイントがあります。

このページでは、おすすめの占い師求人と、私が調査した稼げる占い師になるポイントをまとめました。占いの仕事を考えている人の何かの参考になれば幸いです。

スポンサード リンク

占い師募集の注意点

占い師の募集に応募する前に気をつけておきたいことがいくつかあります。注意点を頭に入れた上で求人を探したほうがいいでしょう。

そこで働くメリットはあるか
占い師の求人は基本的に業務委託となり完全歩合制です。なので雇用先が自分にもたらしてくれるメリットが大きくなければ、自分一人でやるのとほとんど変わりません。そこで働くことで何を得するのか、メリットを注意して見るべきでしょう。最も大きいのは、雇用先が持つ集客力です。どれだけお客様を回してくれるかによって収入は全く変わってきます。また、歩合の率の大きさ、快適に働ける環境であるかどうかなどもメリットに入ります。

運営元はちゃんとしているか
求人募集をしている所の運営元がちゃんとした所なのかも見ておきましょう。会社概要を出しているかどうかが最初のチェックポイントです。運営元の情報をちゃんと出していない、電話番号がない、所在地がわからないといった求人は信頼できない所もあるので気をつけたほうがいいでしょう。会社名、サイト名、屋号などでも検索し、問題がないかどうかチェックしておきましょう。

ノルマやペナルティがあるか
特に電話占いやメール占いに多いのが、初回鑑定無料というシステムです。この無料分は占い師が負担する場合が多く、例えばノルマ10人までは無料で鑑定しなければならないといった制度が存在する雇用先が多々あります。また、規定違反するとペナルティを課す雇用先もありますが、占い師に負担が大きいペナルティがある所は要注意です。中にははじめから占い師を使い捨てる目的で、上記のような制度を狡猾に設定している所もあります。働き手が不利になるシステムがないか、事前にチェックしておくべきでしょう。

おすすめの占い師求人

スポンサード リンク


対面占い師の募集

占い師募集 バランガン
└良くも悪くも大手の強みを持つ。東京の占い検索でも上位に位置しており集客力は高い。

占い師募集■占い師見習い■占い研修生募集【東京・原宿・渋谷・名古屋】【ほしよみ堂】
└対面鑑定の歩合が最大70%と高いのが魅力。ノルマ無しや副業OKなど条件も優しい。

東京 池袋 占い館セレーネ-Selene-/占い師募集
└歩合最大60%に、レギュラー優遇制度や報奨金制度あり。その他細かな利点が多い。

東京、横浜の対面占い師募集中です | 占いハートフル
└歩合最高60%。店舗がわりと多い。女性占い師、且つ曜日固定の募集がほとんど。

電話・メール・チャット占い師の募集

恋愛占い10年連続No.1!無料電話・チャット占い ヴェローナ
└電話占い最大手のひとつ。採用条件は非常に厳しいが全体的なクオリティは高い。チャット鑑定の最大報酬は売上の50%以上、メール鑑定の報酬は売上の70%固定。

電話占い メビウス&イルエル|当たると評判の人気占い・電話鑑定
└サイトは地味だが運営元は1998年から続く占いの老舗。採用後の占い師のフォローが丁寧との評判あり。採用には対面の面接が必要。

みんなの電話占い|口コミ数No.1!占いで彼の心が当たる!
└株式会社の運営、ノルマ・ペナルティなし、初回半額分も占い師負担なし。最初は分給52円保証で、その後は査定でアップしていく。

占いTOWN - 電話占いや占い師紹介なら日本最大級
└正確に言うと電話占いの会社ではなく、占い師版ホットペッパーのようなサイト。宣伝ページやポイントシステムをレンタルしてくれる。自分でやりたい人向け。

稼げる占い師になるポイント

占いの導線を作っておく

稼げる占い師になるためにまずやっておいたほうがいいのは、あなたの占いに一連の導線を作っておくことです。大まかに、集客→鑑定→リピーター戦略の枠組みを作ります。

集客の部分はいわば占いの入り口です。例えば、「より多くの人に知ってもらう」「名刺やブログ等のツールを使う」「充実したプロフィールを作成する」「効果的なお試し占いを用意する」「宣伝の協力者を得る」など、お客様が「あなたを認知する」そして「鑑定を受けて頂く」までをスムーズに繋げる戦略が必要となります。

また、鑑定スタイルをどのようにするかも重要です。単価を低くして大勢の人を鑑定するのか、それとも高くするのか、それならその価値をどうやって付けるのか、客層はオールマイティでいくのか、それともある程度特化するのか、等によって占いの仕方も変わってきます。自分の理想的な鑑定スタイルはどういうものなのかを考えてみましょう。

そして、リピーター戦略は必須です。鑑定したお客様に再び来て頂けるようにするにはどうするのかを考える必要があります。ただ、占い師に依存させるような関係になることは両者にとってよくありません。お客様とは適切な距離と正当な関係を保つ事が必要です。直接のリピーター以外にも、鑑定したお客様がお友達を連れてきて頂ける事や口コミを発生させて頂けるような工夫をすることも売り上げに大きく作用します。

このような導線は成長や環境の変化と共に変えていき、自分に最適なものを組んでいきましょう。ただ、集客→鑑定→リピーター戦略という枠組みは基本なので、自分が今どこを強化するべきなのかを常に意識しましょう。

集客ルートを持っておく

占い師として食べていくためには当然お客様に来てもらわなければなりません。しかし近年は占い師の数も増えてきており、初心者占い師はもちろん、ある程度キャリアがある人でも、丸一日お客様が来ないということはよくある話です。

お客様を得るためには独自の集客ルートを持っておく事が重要です。広い人脈を持つ人に紹介をお願いしておくとか、お店をやっている知人にチラシを置かせてもらうとか、SNSやブログやYouTube等ネットからアピールするなどが考えられます。

私の知る占い師は最近、とある異業種ビジネス交流会のメンバーに加入しました。そこは様々な業種の人が集まり、メンバー同士が見込み客を相互に紹介し合う仕組みなので、毎週のように誰かしら紹介され、お客様が一気に増えたと言っていました。それを聞いた時はそんな集客ルートもあったのか!と関心しました。

今集客ルートが乏しい人も、色々と可能性を探ってみてください。発想次第で様々なものが見つかるはずです。身近な所にも使えるルートが眠っているかもしれません。

お客様のメイン層を明確にする

自分のお客様のメイン層をどこに設定するかは重要です。占いは老若男女がお客様ですが、メイン層をある程度定めていたほうが鑑定や自身のブランディングもしやすいですし、口コミや紹介にも繋がりやすくなります。

どういった層をメインに設定すればいいかというと、基本的には自分が占いやすい層がいいでしょう。占いをやっているなら既に自分の得意な相手の傾向は見えていると思いますが、様々な要素から自分が占いやすい層を割り出しておきましょう。

そして、メイン層はひとつに絞る必要はありません。いくつかのパターンを持っていたほうが強みが増します。また、メイン層にはお客様の絶対数が多い層が望ましいでしょう。いくら得意だからといってニッチ過ぎる層を狙っても、お客様の絶対数が少なければ後が続きません。(戦略次第でニッチ層の活路もありますがここでは省きます。)

メイン層を狙って設定するという手もあります。例えば、占いに来るお客様は女性の方が多く、恋愛に悩む人が多いので、恋愛に悩む女性をメイン層として設定し、その方面の占いを鍛える。といった方法もあります。

コミュニケーションスキルを磨く

占いに来るお客様は様々な人がいて、相談内容も多岐にわたります。それを占いのみで満足して頂くのは難しい事です。そこで重要になるのが「コミュニケーションスキル」です。

占い師がコミュニケーションスキルを磨いておくと、占いの的中率を相対的に何倍にも高めたり、クレームを激減させたり、お客様からの信頼を獲得できたり、効果的な口コミを発生させたりと、様々な場面で役に立ちます。中には占いよりもコミュニケーションスキルを重視する占い師もいます。

スキルを磨くには、接客業、心理学、会話術など、コミュニケーションに関する本などが参考になります。ある現役占い師は、ホステスの接客本とクレーム処理の本が役に立ったと言っていました。しかし最も基本的なことは、お客様一人一人を大切にするホスピタリティの精神を持つことでしょう。

お客様をないがしろにしている占い師は本当に多いです。態度や愛想が悪かったり、相手を不安にさせるだけの占いをしたり、お客様との距離感が遠すぎたり近すぎたり、厳しいというよりただの上から目線だったり…。そんな占い師が多い現状は逆にチャンスとも言えます。コミュニケーションスキルに卓越すれば確実に他と差をつけられます。

副業など鑑定以外の収入を作る

占いの鑑定だけでやっていては、成長性や安定性に欠け、どうしても収入に限界があります。収入を更に伸ばすためには、それ以外の収入源も作っていかないと厳しいでしょう。

占い師の副業というと、グッズ販売や占い教室の運営などが一般的です。有名な人になると本を書いたり、テレビに出演したり、アプリをプロデュースしたりする人もいます。アイディアによっては他にも優れた副業ができるでしょう。

ある占い師はパワーストーンの販売で大成功しました。パワーストーンは人気が高く、つけている人も多くいます。しかし従来のパワーストーンはとてもお洒落とは言えないデザインのものばかりでした。そこで若者にも受け入れられるお洒落なパワーストーンを販売したところ大ヒットしたそうです。その方はエネルギーワークを得意としているので、現在は御札やお守りの作成にも乗り出しているとのことです。

またある占い師はブログの広告収入で収入を得ているそうです。自分のブログを立ち上げて占いに関する記事をコツコツと書き上げてアフィリエイトで収益化したところ、本業を余裕で超える収入を得るまでになったとのことです。以前は占いに関する文章でお金を得るには占いライターの求人に頼るしかありませんでしたが、昨今はアフィリエイトの登場により、個人だけでも稼げる時代になったと言えます。

ある人気占い師の成功例

最後に、このページを書くにあたってお話を伺ったある人気占い師の例を書いておきます。占い師のIさんは現在四十代前半の女性で、最高月収100万を達成した事もある人気占い師です。かつては激戦区の東京や中華街で勤務し腕を磨き、今ではほぼフリーとしてマイペースに活動しています。

占い師デビューと最初の手応え

Iさんは占い師になると決めた時、まずは占いスクールに通いはじめました。占いスクールでは占いの方法を教わることができ、占いの民間資格も取得できましたが、机の上の勉強だけではプロの占い師としての力を付けるためには不十分で、資格もほとんど役に立ちませんでした。そして彼女にはスピリチュアルな力もなかったので、プロとしてやっていくにはまだまだ不安でした。結局、占いを上達させるには実践経験の必要を痛感したそうです。

次にIさんが行ったのが無料占いで腕を磨くことと、名前を売ることでした。知り合いは片っ端から占い、更に当時出たばかりのSNSであるmixiを使って無料占いの希望者を募りました。無料で占った人には必ずブログURL入りの名刺を渡し、mixiで占った人にはブログのURLを伝え、必ず彼女のブログへたどり着けるようにしました。ブログにはプロフィールや得意鑑定を細かく書き込み、鑑定に繋げられるように工夫を重ねました。

無料占いを100件以上こなしてわかったこと、それは、色々な人を占うことの難しさと、無料ならいくらでも人は来るけど、有料だと本当に難しいという事でした。

そこでIさんが工夫したのは、オリジナルの無料お試し占いを用意し、そこから有料占いに繋げる方法でした。無料占いは希望者が殺到。抽選で月3名にすることで費用対効果の優れた宣伝となり、無料目的で集まった人から有料占いの依頼も少しずつ入ってくるようになりました。無料占いをした人から有料占いへのリピーターも現れてきました。また、接客スキルやコミュニケーションスキルの重要さに気づき、力を入れだしたのもこの頃です。

雇われ占い師の経験と反省

その後Iさんは対面占いの店の面接に合格し、東京で働き出しました。採用されたのはいいもののお客さんは充分に来ず、何店舗か渡り歩いてもその状況は変わりませんでした。その後中華街の店舗に移りますが、今度はお客さんは来るものの高い歩合をとられ、薄利多売すぎて割に合いませんでした。結局お店頼みでは食べていけるほどの収入を稼ぐのは厳しいこと、お店に頼らない独自の集客ルートがなければ生活は難しいことに気づきます。

Iさんは占い師と占いカフェと受付スタッフのバイトを掛け持ちしつつ、集客ルートの開拓につとめました。主に、知り合いからの紹介、ブログやSNSからの集客、無料鑑定からのリピーター、お店のお客様からのリピーターに力を入れていました。

中でも大きかったのは知り合いからの紹介ルートを開拓したことです。ネイリストのオーナーの友達と飲み屋の経営者の友達は顔が広く、沢山のお客様を紹介してくれました。先方の職業柄占いというコンテンツが合っていたというのも大きいでしょう。また、無料鑑定から有料鑑定に依頼する人はコンスタントにいましたし、お店を渡り歩いている期間もIさんは名刺を配り続けていたので、お店のお客様からのリピーターから個人鑑定の依頼が来るようになってきました。段々と名前が売れ、ブログから直接依頼が来るようになりました。

この頃になってくると常に対面の鑑定だけでは不便になってきたため、在宅でできる電話占いとメール占いもはじめました。電話占いの会社に登録しましたが、当時の電話占いは条件がキツい所が多く、結局自分で電話占いをすることにしました。当時はまだ携帯電話の通話料固定が一般的ではなく、通話料金がかさむのに苦心しました。スカイプでやろうにもお客様のほうがスカイプを使えない人がほとんどでした。また、自分で電話占いのような在宅業務をするにはポイントシステム等の料金回収方法が不可欠ですが、個人のIさんはそういったものが用意できず何回か料金を踏み倒されたため、電話占いはお得意様以外やらない事にしました。

占い師最盛期と副業の展開

ある時、出版社から占い記事のライター業務を依頼され、月間で請け負う事になりました。原稿料は殆どタダみたいなものでしたが、記事には結構反響がありました。以前は広告関係の仕事に就職していたこともあり、文章を書くことに向いていた事も助けになりました。

連載を持ったことで露出が増えたので鑑定の依頼も増えました。多い日は1日10件を超す時もあり、占いパーティーイベントにも呼ばれました。最盛期は月収100万円を超えましたが、身も心もヘトヘトに疲れてしまいました。Iさんはこの時、鑑定だけでやっていくことに限界を感じたとともに、占い関係の副業に手応えを掴んだと言います。

Iさんはその後自分のブログに恋愛系の占い記事をアップしはじめました。なにせ今までの占いで多くの経験があるためネタには事欠きません。しかし、占いはできてもブログで稼ぐノウハウを持っていたわけではなかったため、収益化するにはかなり苦労したそうです。アフィリエイトの勉強を本格的にはじめたところブログの収益が伸びはじめ、今では大きな収入の柱になっているといいます。

ブログでが収益化できノウハウが固まった頃、Iさんはそのノウハウを手に占いスクールに売り込みにいきました。そこでのプレゼンが成功し、Iさんは占いブログのライティングノウハウの講師としてデビューすることになりました。現在では週2回、講師として生徒に指導しています。

現在のIさんからのアドバイス

Iさんは現在、フリーの占い師として月に無理のない人数だけ鑑定を行うことと、交友のある占い店のヘルプ、そして占いライターの講師と、ブログの広告費で収入を得ています。全盛期より仕事の数はセーブしていますが、それでも平均的な占い師より高い収入です。

彼女曰く、「占い師でやっていくには占いのテクニックはもちろん大切だけど、占い師の収入はなにも鑑定だけではないと思う。ずっとやっていくのであれば、むしろ他の収入源も模索したほうが息が長くなると思います」

「ほとんどの占い師が鑑定だけで収入を得ています。そんな中で柔軟な発想で収入をつくりだすことができたら、占い業界にもまだまだチャンスがあるでしょうね。柔軟な発想をするには、自分の得意なこととか今までの職業経験とか、一見占いと関係なさそうな視点からみたほうがいいアイディアが浮かぶんじゃないでしょうか」

「占い師は厳しい世界だから若い人は辞める人も多いし、残っている人でも年寄りが多い。だからかはわからないけど頭がかたい人が多いしアナログな人も多いから、これからはじめる人にも十分チャンスがあると思うので頑張って欲しいですね。」とのことでした。

スポンサード リンク

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional