婚約指輪を激安で買う裏技を解説。安くても高ランク、良いエンゲージリングの買い方

婚約指輪を相場の値段より激安い価格で買う裏技|30万以上の指輪を10万円代で

婚約指輪安い

プロポーズにつきものなのが、婚約指輪(エンゲージリング)だ。

いざ婚約指輪を買おうと思い立っても、ほとんどの人が婚約指輪を買うのは初めての経験なはず。一体何をどうしたらいいのかわからないという人も多いのではないだろうか。

中でも大きな問題は、指輪の値段である。

何かにつけて女性よりお金を多く払わなければならない風潮がある男性にとって、指輪代は大きい負担。その上、結婚の際には結婚式や引っ越しなどバカみたいにお金がかかる。高い指輪を買ってあげたいのもやまやまだが、このご時世そう簡単ではないのも事実だ。

かといって、指輪代をケチるのはどうなの?という空気もあるのが辛いところだ。安い指輪を渡されてショックを受けた、ガッカリしたという女性の意見はネットでもよく目にする。

では、例えば本来30万円以上する指輪を、品質はそのままに10万円代で手に入れる事ができたならどうだろうか?値段を落としてグレードが下がってしまうのは問題だが、実は指輪の値段を安くしても高いグレードのものを買える方法があるのだ。

このページでは筆者が実際に婚約指輪を購入した経験をもとに、「婚約指輪とはどういうものなのか」から「高品質な婚約指輪を安く買える方法」までを解説する。

婚約指輪の基本的知識

婚約指輪とはどういうものなのか?

婚約指輪(エンゲージリング)とは、その名の通り婚約した証の指輪のことだ。多くの場合、プロポーズの際男性が女性にプレゼントする。使われる石は永遠を連想させるとしてダイヤモンドが定番。基本的には宝石がついていることから、段使いというよりはパーティーや特別な日につける用途に向いている。一方、結婚後につける指輪は結婚指輪(マリッジリング)と言い、エンゲージリングとは別のものなので注意。こちらは結婚している証として男女とも日常的につけるのが一般的で、結婚式で指輪交換に使われるのもこれだ。普段使いでつけるものなのでシンプルなデザインのものが多い。つまり、一般的には結婚に必要になる指輪は婚約指輪と結婚指輪の2種類ということになる。

そもそも婚約指輪は必要なのか?

最近では婚約指輪をあげない人が多いらしい。もちろん人によって様々な理由があるだろうから、買わないのが悪いわけでは全くない。しかし筆者の個人的意見は、強い理由がないならあげておく事をおすすめする。なぜなら、あげなかったという事実は取り返しがきかないからだ。指輪がもらえなかった事をずっと引きずったりする人もいるように、のちの面倒事の火種になる場合は多い。婚約指輪はプロポーズのあとであげてもあまり意味をなさないため、後で後悔してもリカバリがきかないのだ。ほとんどの女性は婚約指輪を喜んでくれるし、口ではいらないと言いつつも実際貰ってみたらすごく嬉しかったという人もいる。そういう点を考えるとあげておくに越したことはないのではないかと私は考える。

婚約指輪の相場はどれくらいなのか?

一昔前は「婚約指輪は給料3ヶ月分」とかいうキャッチコピーがもてはやされていたが、これは30年も前のコピーで、しかもダイヤモンド業界がダイヤを高く売りたいがために作ったような文句である。ブライダル総研のデータによると、近年では婚約指輪に使うお金は33万円位が全国平均とのこと。マイナビウエディングの「あなたの婚約指輪の購入価格は?」というアンケートでは、10~20万円の層も20~30万円の層も30~40万円の層も、全体からのパーセンテージでいうとそこまで大きい差はみられない。全体の6割以上が10~40万円の間で購入しているようだ。バブル時代ならいざ知らず、今のこのご時世給料3ヶ月分もの婚約指輪を買える人はよっぽどお金に余裕があるか、思い切れる人だろう。

指輪の良し悪しを決める基準は何なのか?

例えばダイヤで比べてみよう。ダイヤには4C(カラット・カラー・カット・クラリティ)という国際価値基準が定められており、4Cをみればそのダイヤがの質がどうなのかがわかるようになっている。同じ価格で比べた場合、有名ブランドはブランドネーム料金があるためにどうしても値段が高くなり、ダイヤのランクは低くなってしまう。ノーブランドのほうがブランドネーム料金がないぶん、質も大きさも良いダイヤを買える。ブランドネームもモノの価値の一部と考える人もいるのでそこは人それぞれだが、ブランド品で安いものを買えばダイヤの質と大きさはよりショボくなってしまうだろう。

どのような指輪をあげればいいのか?

婚約指輪でスタンダードなのは、宝石はダイヤでリングはプラチナのものだ。結婚指輪購入者の平均カラット数は0.2~0.3が一番多く、次いで0.3~0.4が多い。(カラットは正確にはダイヤの重さを示すが、大きさとほぼ同じ意味と考えていい)感覚は人それぞれだが、個人的にはダイヤは気持ち大きめなもの(0.35以上)を選んだほうがいいと思う。大きさが与えるインパクトはとても強力だし、マリッジリングのように強いてシンプルにする必要性も薄いからだ。また、リングのプラチナはPT900(純度90%程度)かPT950(純度95%程度)がスタンダード。PT1000(純度99%程度)は本来アクセサリー向きではないのであまりおすすめではない。いずれにしろ店舗で実際に指輪をみて、感覚を掴むことをおすすめする。

スポンサード リンク

高品質な指輪を安く買う方法

①購入前の下準備をしておこう

まずは購入する前に下準備をしておこう。考えておきたいポイントは、1.予算2.デザイン3.基礎知識だ。まず予算だが、余裕があるならどれだけ用意しても構わない。ただ、ちゃんと工夫して購入すれば15万以下で充分すぎるランクの指輪が買えるだろう。次にデザインだが、画像検索などで婚約指輪の画像を検索し、気に入ったデザインの画像をゲットしておこう。買いに行く店と関係ない画像でも、こういう感じの指輪を探していると言えば店員が似たものを出してくれる。最後の知識とは主に、ダイヤの4C、プラチナのPT◯◯といった良し悪しの基準だ。そういった基礎知識を軽くでもいいから頭に入れておけば、下手なものを掴まされなくて済むだろう。

②指輪は一人で買いに行こう

指輪代を安く抑えたいなら、指輪は一人で買いに行き、渡す時はサプライズにしたほうがいいだろう。相手と一緒に買いに行ったら安く抑えるのは難しいし、ケチっていると思われてしまうと不都合だ。サプライズで渡すなら一人で存分に品物を吟味できるし、相手に知られたくない事も内緒にできる。後述するが、安くても質のいいものは沢山あるので、いくらで買ったかバレなければ全く問題ない。ただ人によっては憧れのデザインの指輪があったり一緒に買いに行きたいという人もいるので、相手のタイプをよく考えて行動しよう。

③卸のショップを見に行こう

実はダイヤにも卸がある。ダイヤの卸問屋が集中することで有名なのが、東京の御徒町だ。御徒町では卸問屋の直営ショップが多くあり、ルース(石のみ)だけでなく、指輪やネックレスなどちゃんと商品に加工したものを一般客向けに売っている。なので卸問屋と言うよりもちょっと特殊な小売店と言った感じだ。完全な卸価格ではないにしろ、同じグレードで比べても通常の小売店よりだいぶ安いのでコスパが高い。中にはオリジナルブランドを展開しているショップもあり、デザインもトレンドを押さえたお洒落なものが沢山ある。安く買いたいなら一度御徒町を覗いてみることをおすすめする。

④値段交渉は必ずしてみよう

実は、指輪は値切れるのが普通だ。通常、販売店では品物の適正価格に大きく上乗せしており、店の言い値で買うのは損と言える。ほとんどの商品の適正価格は表示の半額以下なので、値段交渉すれば大体の場合値引きしてくれるので、値段交渉は必ずやるべきだろう。表示価格の半額以下になることもザラだ。普通の店で値段交渉は気が引けるが、御徒町にあるような卸のショップでは交渉する人も多いのでやりやすい。まず、予算はかなり低めに言っておく事が重要だ。そうすれば、予算オーバーなんですけどどうにかなりませんかね?と交渉しやすい。店頭に並んでいる既製品であればより安くなる可能性がある。決算期間(ジュエリーショップは2月と8月が決算な所が多い)など店側も売り上げを伸ばしたいタイミングがあるので、安くなりそうな時を狙って行くのもいいだろう。

⑤結婚指輪のことも考えておこう

本当に費用を抑えたいなら、婚約指輪(エンゲージリング)を買う際に、のちに必要となる結婚指輪(マリッジリング)の事も考えておこう。片方につき8~10万円程度が相場のようだが、なにせペアで必要となるから費用がかさむため重要な問題だ。なので婚約指輪を買う際に一緒に買ってそのぶん値引きしてもらったり、リーズナブルなものを見つけておけば安く抑えられる。マリッジリングも御徒町で値切れば普通の小売店で10万前後のグレードのものが5万円以下で買えるだろう。だが、御徒町は相手と2人で行くのはおすすめしない。2人だと値切りの話をしにくいというのに加え、激安!割引!50%OFF!とか書かれた旗がそこかしこにあるので相手にいい印象を与えないだろうからだ。御徒町の卸のショップの中にも多店舗展開している所がある。例えばGALAなどは銀座にもあるので、2人で行くなら別店舗を視野に入れたほうがいいだろう。

⑥他の安くなる方法も検討しよう

その他、指輪代を安くあげる方法を紹介する。
場合によってはこういった方面も検討する価値はあるだろう。

・都民共済や県民共済に加入していれば、共済のブライダルセンターでダイヤを買うことができる。ノンブランドにはなるが相場と比べてかなり安く、0.5カラットの大粒ルースが15万ほどで買えたという例もある。もちろん新品だし品質に問題はない。

・エンゲージリングとマリッジリングがはじめからセットになった商品があり、バラバラに買うより安い。また、エンゲージとマリッジ両方の役割を兼用できる商品もある。派手さは薄れるが、指輪は何本も必要ないという層に人気のようだ。

・中古品を買うという手段もある。特にブランドの指輪は質流れしやすいため、ほとんど無傷で半額くらいで売られていたりする。ヤフオクなどネットはもちろん、中古ジュエリー販売店も沢山ある。中古は縁起が悪いと気にする人もいると思うが、穴場ではある。

・両親や祖父母の指輪など、既存の指輪をリフォームしてくれる業者も多い。昔のデザインを現代のトレンドに合わせてリメイクするので古さは感じない。宝石や材料費が浮くため購入するよりは安くなる場合があるが、リメイク代は大体10万円超の所が多い。

・エンゲージリングに関してはいないだろうが、マリッジリングを結婚式の時だけレンタルする人は一定層いるため、そういう業者もある。普段指輪を全くつけないから必要ないとか、アクセサリーに興味が無いからお金をかけたくないという人が利用するそうだ。

スポンサード リンク

婚約指輪で押さえておきたいプラスアルファ

・婚約指輪のキャンセルは基本的に難しい

婚約指輪のキャンセルは難しい。店舗に出向いて購入した場合通販や訪問販売と違うため、基本的にはクーリングオフができないからだ。(場合によって例外はあるが。)店舗側も内金、キャンセル料、契約書の内容など、キャンセルされないよう様々な対策をしていることが多い。契約して数日ならキャンセルできたという話もあるが、強気の対応が必要だろう。悪質な場合は消費者センターや国民生活センターに相談するという対策しかなくなってくるだろう。デザインが気に入らないのであれば、同価格帯の指輪と交換という措置をとれる店は多い。最悪売る事もできるが、購入価格よりかなり安くなってしまうだろう。ともあれ、指輪を決める時は慎重に臨まなくてはならない。

・軽い気持ちでお店に入らないようにしよう

婚約指輪は高い買い物なので店側も必死な所は多い。中には一度来た客を逃すまいと数時間帰してくれない店もある。中にはほとんど押し売りとも言える強引な店もあるので、適当な店にふらっと入るべきではない。店に行くなら事前にネットで店の名前などで検索し、下調べしておいたほうがいいだろう。単に指輪がどんな感じなのか見たいだけなのであれば、個別店舗よりも百貨店など店舗が多数入っている所のほうが店員もしつこくなくフェードアウトしやすいのでおすすめだ。せっかく婚約指輪を買うのだから、嫌な気持ちになってしまっては指輪に愛着もわかないだろう。

・指輪が手に入るまでは結構時間がかかる

注意したいのが、指輪が手に入るまでの時間だ。店で注文してもサイズ直しや取り寄せなど時間がかかるケースは多々あるため、余裕があるに越したことはない。遅くともプロポーズの一ヶ月前には注文しておきたい。サービスで裏に文字を掘ったり誕生石を入れたりもできる所も多いので、当日持って帰るのは得とは言えないだろう。ただ中には時間がなくなるべく早く手に入れたい人もいるはず。その気になれば即日指輪を持って帰る事も可能だ。但しその場合、買えるのは店頭に並んでいる既製品現物のみで、文字を入れたりなどはできなくなるが、お金さえ支払えば持って帰れるだろう。後回しにできることは後でやればいい。

・彼女の指輪のサイズがわからない場合

サプライズで指輪を購入する時に困るのが、彼女の指輪のサイズがわからない場合だ。指輪を持っている人ならその指輪のサイズをみればいいが、指輪を持っていない人などは、寝ている時に測るとか特別な事をしなければサイズを知るのは難しいだろう。これが結構難しく、時間がないといいタイミングが訪れないときもある。多くのショップではサイズ直しが1回まで無料といったサービスがあるので最初渡す時はピッタリでなくても大体合っていれば問題ない。最悪指輪が入りさえすればOKだろう。寝てる時に測ったんだけど難しくて~などの言い訳も使える。

・指輪の箱は見落としがちだけど重要な問題

通常、指輪を買えばショップ側が指輪箱をサービスでつけてくれるものだが、この箱がダサいものが多いので注意。指輪を買う時は本体ばかりに気がいっていて箱のことはあまり考えていないのが普通なので、渡す時になって箱のダサさが気になってくるという落とし穴がある。amazonなどでは指輪の箱だけ売っているので、あらかじめ調べておいてもいいだろう。変化球として、バラなどプリザーブドフラワーの小箱の中に指輪を入れると豪華にみえるのでおすすめ。あまり大きい箱だとポケットに入り切らず、サプライズがバレるかもしれないので気をつけよう。

・指輪の値段はバレないように気をつけよう

安く指輪を手に入れた場合、値段が相手に伝わっていいことなどまずない。喧嘩や幻滅などをまねく可能性は極めて高いので、指輪の値段はバレないように細心の注意を払うべきだ。まずは領収書やクレジットカードの請求書など、数字が出ているものは徹底的に隠匿する。また非常に多いのが、言わなくていいことを言ってしまうパターン。値段が推測できる情報などをポロっと言ってしまわないようにしよう。沈黙は金というが、とにかく余計なことは言わないほうがいい。中には値段が気になってネットで検索する人もいるが、ほとんどの場合表示価格は実際購入した値段よりも高くなっているはずだから大丈夫なはず。ノーブランドであれば調べるのは更に難しいため、バレる心配も少ない。基本的にストレートに値段を聞いてくる相手は少ないが、半返しなどで聞かれる事もある。いざという時のためにボロが出ないための設定も考えておいたほうがいいだろう。

スポンサード リンク

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional