パソコン、スマホ、アプリなどの無料情報。おすすめランキング、稼げる裏技など。

youtuberだけじゃない、動画で稼ぐジャンルとテクニック

画像の説明

youtuberだけじゃない、動画で稼ぐジャンルとテクニック

昨年話題になったyoutuber。
彼らの活動もあり、動画で稼げる事が一般にも広く認知されるようになった。

日本トップyoutuberであるHIKAKIN氏の動画広告収入は数億とも言われている。動画でそんな大金が稼げる可能性があるなら、自分にも何かできないかと気になってしまう人もいるのではないだろうか。

だが多くの人は、youtuberのような活動は躊躇してしまうものだろう。顔や声を晒したりするのは抵抗があるし、動画のネタを考えたり編集するのも大変そうだ。

しかし、動画で稼いでいる人はなにもyoutuberだけではない。

要は自分の動画が再生されればいいのだから、投稿する動画は法律や利用規約に違反しないものならほぼ何でもOKなのだ。



例えば、有名なこの動画は現在8億回以上再生されている。

youtubeの広告収入がいくらになるかは様々な条件で変わってくるので一概に言えないのだが、およそ1再生あたり0.05~0.1円ほど(10万再生で5千~1万円程度)が投稿者の収入になるという。つまり、収益化していればこの動画一本で5000万以上の広告収入を得れた可能性があるというわけだ。

このように、youtubeにアップされる動画はほぼ全てが収益化できる対象だ。youtuberのように自分が出演している動画で稼いでいる人はほんの一部で、他に稼ぎやすいジャンルは沢山あるのだ。

では、その稼ぎやすいジャンルとはどんなものだろうか。

スポンサード リンク

youtubeで稼ぎやすいと言われるジャンル

子供・ペット

鉄板ジャンル。かわいいものには世界共通の魅力があり、海外からのアクセスも集まりやすい。編集も少しで済むし、シリーズ化もしやすいため、一番稼ぎやすいジャンルのひとつだ。ペット動画を投稿し続け、何百万と稼いでいる人も多い。

トレンド

トレンドの動画は爆発力があり、ネタも尽きないだろう。例えば時事問題などを動画でうまく解説したり、流行りのコンテンツに関する動画を作ったりなど、旬の話題を取り扱う方法だ。 継続的にやるならこのようなジャンルがいいだろう。

ノウハウ・ハウツー

何かをやる方法や、何かを使う方法を動画で説明する、いわゆるノウハウ系の動画も手堅い再生数がとれるジャンルだ。ネタは日常に転がっているし、動画の構成も工夫次第で楽にできる。

商品紹介

商品の外観、使用している様子、レビューなど、商品紹介の動画も稼ぎやすい。商品だけを写して自分は出演しない形でも動画が作れるので手軽だ。やっている人は多いがまだまだチャンスがあるジャンルだと思う。

美人・お色気

美人女性の動画も再生数が高く、女性のお色気度が高い瞬間などを集めた動画はかなり伸びる。だがこの手の動画は肖像権の問題があるし、露骨にアダルトに寄り過ぎるとアカウントを凍結される恐れもある。

料理・メイク

料理の様子やメイクアップの様子を撮影した動画も人気ジャンルだ。一度軌道に乗れば手堅いが、わりと編集が大変なジャンルでもある。有名youtuberでもやっている人は多いので人気を出すには差別化が必要か。

お笑い・面白・おバカ

面白シーンやおバカ行動など、笑える動画も定番だ。ただこういった動画は何本も撮るのが難しいという問題がある。奇跡的に面白いシーンが撮れたのならいいが、狙って笑える動画をとるのは難しく、継続するには難易度が高い。

自然現象・事件事故・衝撃映像

竜巻や台風などの自然現象や、事件・事故の動画、衝撃的な瞬間の動画なども再生数が高くなる傾向がある。但しこれも狙ってとれるようなものではないため、継続的にアップするのは難しいだろう。

ゲーム実況

ゲーム実況もかなりの再生数になるジャンルではあるが、今ややっている人も多く、これから稼げるようになるまで再生数を高めるにはよほどの魅力が必要だろう。また、実況OKのゲームも増えているが、著作権問題は当然ある。

風景

ばかにできないのが風景動画だ。観光地の風景や、きれいな風景、趣きのある風景、珍しいもののある風景、素材に使えそうな風景などの動画は意外に再生される。外国人向けの日本の風景紹介などを専門に撮っている人もいる。

その他

その他、名シーン集・ニコ生転載・アニメ・ドラマ・炎上に関する動画など、著作権を無視したり、わざと感情を煽ったりする動画が未だ後を絶たない。問題は、こういった動画が再生数が高くなりやすいということだ。まるで真面目にやっている人が馬鹿をみるような現状だ。投稿者はどうかモラルを持って頂きたい。

スポンサード リンク




今から動画で稼ぐにはどうすればいいか?

動画で稼ぐのはなかなかシビアなものだ。10万再生されれば動画としてはヒットだが、それでも1万円ほどにしかならない。稼ぐならやはりある程度の動画量を投稿し、数で勝負しないと難しいだろう。それには、シリーズで投稿していけるものがやりやすいと思う。1つではなく複数のシリーズを投稿していくとより幅が広がるだろう。

また、編集に凝るのもいいが、時間がかかりすぎてしまっては効率が悪い。なるべく編集を必要としないテーマや構成を考え、作業の合理化をすべきだろう。アクセスを上げるためにはSEOも必要だ。動画を探す人はどんなキーワードで探すのかを意識したり、思わず開きたくなるようなタイトルやサムネにするのは絶対にやっておきたい。

そして、外せないのは英語圏からの再生だ。日本人1億2千万人に対して英語圏の人は17億人以上。そのアクセスがうまく呼び込めれば、再生数のケタが違ってくる。英語の副タイトルなどをつけて、外国人の注目をひこう。

こういった点を鑑みると、初心者がやりやすいのはやはり子供・ペット、商品紹介、トレンドなどのジャンルになるだろうか。得意ならノウハウ、お笑い、料理、メイクなどで勝負してもいいかもしれないが、稼げるまでになるには決して楽ではないだろう。一方、テーマをひねって高再生数を出している人もいる。実験の動画や、道案内の動画などは意外に再生されるらしい。そんなニッチなテーマをコツコツ攻略していくのもいいかもしれない。

youtuberが目立つようになってから収入目的で動画に参入する人も増えてきたが、そのほとんどが儲からずに退場してしまう。しかし一方で稼いで生き残る人も確かにいる。その違いは、上記のような工夫の積み重ねによるところも大きい思う。

youtubeは自由度が高い。アイディアと工夫次第でまだまだ稼げる世界だ。

スポンサード リンク

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional