ネットスカウトのやり方|元ネットスカウトマンに聞いた稼ぐ方法とコツ

更新日:

ネットスカウトやり方

元ネットスカウトマンにやり方とコツを聞いてみた

昔は繁華街の路上にけっこういた、風俗・キャバクラ・AVなどのスカウトマン。しかし最近ではスカウトに対する法律や条例も厳しくなったからか、めっきりいなくなったように思う。

聞けば、昨今のスカウトの主流は路上からネットに移っているという。

ネット上で女の子をスカウトしお店に紹介する、ネットスカウトマンが増えているそうだ。

コンビニバイトでさえ人手不足の昨今、水商売の求人を集めるスカウトは更に難しいイメージがある。ところが、ネットスカウトマンの中には成功している人もいるらしい。

稼いでいるネットスカウトマンの中には、年収数千万の人もいるとか。

これは是非話を聞いてみたいと思って、以前インタビューした人のツテをたどり元ネットスカウトマンを紹介してもらった。それが今回インタビューをさせてもらったTさんだ。

Tさんは最盛期には月収300万を稼いでいたやり手のネットスカウトマン。現在は第一線を退いているということで、実際やっていたやり方や稼ぐコツなどについても語ってくれた。

ネットスカウトマンインタビュー、ポイントまとめ

今回のインタビューで聞いたポイントをまとめてみたよ。

ネットスカウトマンになるにはスカウト会社に所属するのが一般的。

スカウト会社の中にはよくない会社も沢山ある。面接や問い合わせで見極めるべし。

スカウトマンの給料は完全歩合が基本。固定給や時給制はノルマがある可能性も。

完全歩合は紹介した女の子が店で稼いだお金の10~15%のバックが平均的。

会社や紹介先によって給料のシステムはかなり違うので一概には言えない。

風俗店は女の子の定着率が悪く、収入が思ったように伸びないこともある。

路上スカウトは迷惑防止条例、職業安定法で現状見つかればすぐに捕まる。

ネットスカウトもいつ状況が変わるかわからない。副業にするくらいがいいかも。

ネットスカウトは同業同士のトラブルは少ないが全くの安全ということもない。

スカウトマンで最も大変なことの一つは女の子のケアやフォロー。

スカウトマンだからモテるということはない。ネットスカウトは特に嫌われる。

Tさんのネットスカウトのやり方とコツまとめ

①ブログで女性からのアクセスを集める

ブログを立ち上げて女性ナイトワーク志望者が求めそうな情報を掲載しアクセスを集め、そこから求人を勧める方法。軌道に乗ればほっておいても勝手に人が集まる。

②ツイッターで自己ブランディング

女性ナイトワーカーのプロエージェントといった立ち位置でツイッターアカウントを運営する。ちゃんとした情報を流し信頼性を培えば向こうから相談が来る。

③パパ活やマッチングアプリなどを活用

女性がいそうなアプリで探す。特にパパ活アプリはお金に困っている子が多いので狙い目。出会い系アプリで援デリの子に営業するなど、使い方次第で色々道がある。

④協力してくれる人脈を作っておく

女性ユーザーが多そうなサイトの管理人や女性と多く関わっていそうな人へ営業をかけておき、客になりそうな人がいたら自分を紹介してもらう仕組みを作っておく。

⑤稼ぐためのマインドセットをする

ほとんどのネットスカウトマンは稼げていない。なぜなら自分の事しか考えられず、工夫もできていないから。成功するために、そんな奴らと逆のマインドセットをしよう。

ネットスカウトマンインタビューの登場人物

管理人
コミュ障なのでスカウトはできそうもない。

Tさん
若いが底知れぬ雰囲気がある人。現在は会社経営。

ネットスカウトマンインタビューの内容

ネットスカウトやり方

ネットスカウトの時代

早速聞きたいんですが、そもそもなんでネットスカウトを始めたんですか?
スカウトマンをはじめた理由は「金がよかったから」につきます。

ペーペーだった頃は最初は路上もやってたんですが、条例で雲行きが怪しくなりそうだったのでネットスカウト専業に転向したんです。

ネットを駆使すればもっと稼げそうな予感は前から感じてましたし、早めに転向してよかったです。実際うまくいったのでやっぱり向いてたのかも。

ネットマーケティングの知識とかがあったんですか?
いやそういうのはなかったです。ただネットは稼げるルートが色々ありますし、工夫さえできれば誰でも儲けられる場所ですから。
路上よりもネットのほうがいいんでしょうか?
迷惑防止条例で路上でのスカウトはほぼできなくなりましたから、実質キャッチ的スカウトは終わったと考えたほうがいいでしょう。どっちが稼げるかという意味ではスカウトマンの適正による所が大きいですけどね。

ネットスカウトマンになるには

ネットスカウトマンになるにはどうすればいいでしょうか?
一般的にはどこかしらのお店と契約して契約店を持つか、スカウト会社に所属するかになります。素人がいきなり契約店を持つのは難しいですし、契約や集金は面倒極まりないので最近はスカウト会社を使うのが一般的です。
スカウト会社はどうやって探せばいいでしょうか?
求人サイトとか検索で出てくると思いますけど、良くない会社もありますよ。紹介しても金払わない所とかピンハネがやばい所が普通にあります。
いい会社の見分け方ってありますか?
紹介してお金をもらえるまでのイメージが明確にできるところですかね。

良い所はとにかくシステムがはっきりしてます。面接で説明をしっかりやってるとか、ホームページの記載がちゃんとしてるとか。

あとは問い合わせたとき受け答えが明瞭で早い所は比較的しっかりしてるかな。試しに問い合わせて反応を見てみるのもいいかもしれません。

ネットスカウトマンの収入事情

スカウトマンの収入事情はどうなんでしょうか?
スカウトマンの給与システムって大別すると3種類あります。

①完全歩合②固定給③歩合+固定給です。

ですが、実質的に完全歩合が基本と思っていいです。月給や時給の固定給を提示してる所はありますけど、本当にそれでやってる所を私は知りません。

実際に固定給だったとしてもノルマがあるはずで、仕事は辛いと思います。

固定給だと全くスカウトできなかったらどうすんだって話ですもんね。
完全歩合の内容は、紹介した女の子が店で稼いだお金の10~15%のバックが平均です。そこからスカウト会社の取り分が大体3%くらい引かれます。

これをSB、スカウトバック(永久バック)と言って、女の子が務めている間は永久的に入ってきます。SBシステムは風俗店が多いですね。

キャバ等では買い取りシステムの所もあります。紹介した女の子のランクによって5万~30万位もらえます。こっちは永久ではなく一度だけです。

10人紹介したら月100万も見えますね。
あくまで目安ですけどね。実際には会社や紹介先によってバックのシステムやパーセンテージはかなり違うのでひとくくりに言うのは難しいです。
紹介人数が貯まってきたらかなり稼げそうですね。
それがそうもいきません。特に風俗の場合女の子の定着率が悪いですから。紹介してもすぐ辞めちゃってなかなか収入が伸びないんですよ。
そんな中、Tさんは月収300万稼いでたとおっしゃってましたよね?
300万は最高月収ね。平均収入はそんなにいかなかったですよ。

ネットスカウトマンと法律

Tさんはなぜネットスカウトを辞めたんでしょうか?
今は新しい事業に集中したいんで。でも専業をやめただけで今でも条件が合えばやるかもしれません。前のお客さんが連絡くれることもありますから。
現在はどんな仕事されてるんですか?
ざっくり言うとお水業界です。ドンズバでいうと特定されそうなんでボカします。会社って言ってもギリギリ法人成りしただけの小規模なもんですよ。従業員2人だし。しかも立ち上げたばかりでまだ儲かってないです。
ネットスカウトだけでずっと続けていくのって厳しいんですか?
そうは言わないです。でも安定しているとは言えないですね。私は地に足の着いた商売したくて今の会社立ち上げたんです。

私は、ネットスカウトは副業にとどめておくくらいが丁度いいと思います。

路上なんかもうほとんどできなくなりましたからね。今はまだあまり取り沙汰されていませんが、ネットスカウトもいつ状況が変わるか判りません。

路上スカウトは今捕まるんでしたっけ?
ネットスカウトは大丈夫なんですか?
路上スカウトは昔は道交法で引っ張られたりもしましたけど、今は迷惑防止条例、職業安定法が適用されるようになって、見つかれば即捕まります。

1年以上10年以下の懲役又は20万円以上300万円以下の罰金だったかな。確か池袋のスカウト会社が摘発された時は職安法63条だったように思います。

ネットスカウトが違法か違法でないかは見解が分かれるところです。

逮捕されたという話は今の所聞いたことがないですが、路上と同じく職安法違反という意見もありますし、ネットだから大丈夫とは言い切れません。

ネットスカウトで大変だったこと

ネットスカウトで大変だったこと、気をつけるべきことってありますか?
やっぱり大変なのは女の子のフォローですね。

嘘つく子は多かったですね。いざ紹介してみると当初の話と全く違うこと言い出したりね。飛んだり、無断欠勤とかのトラブルも結構起こされました。

愚痴なんかもすごかったですよ。メンタルやばい子に鬼電くらったりとかもありましたね。送り迎えしないと店に出ないとか言い出す子もいましたし。

あとは犯罪的なトラブルね。窃盗、詐欺、障害…。まあスカウトマンが責任持つようなことはほぼ無いですけどね。

同業者とのトラブルはなかったんですか?
ネットスカウトは路上に比べれば同業同士のトラブルは少ないですね。

よくある引き抜きトラブルなんかも、ネットだと足がつきにくいですし。まあ完全にステルスはできないので一応気をつけてましたけどね。

他の店を名指しで叩きまくるとか、よっぽど不義理しないようにすれば大丈夫ですよ。私もヤクザみたいなのに詰められたりとかは一度もないです。

営業は大変じゃなかったんですか?
ネットスカウトになってからは出勤してたわけじゃないんで、そういう意味では大変じゃなかったです。でも僕は完全歩合で女の子捕まえられないと収入にならなかったんで、そういう辛さはありましたね。

ネットスカウトマンはモテるか

スカウトマンはモテるそうですけど、ネットスカウトマンもモテますか?
いや、スカウトマンだからモテるっていうことは絶対ないと思います。スカウトマンってナンパの延長みたいな所もあるから機会も多いってだけで、むしろ基本嫌われますね。ネットスカウトマンだと尚更です。
女も金も、みたいな都合のいいことはないんですかね。
一石二鳥狙う人は大体どっちも結果出ないですね。イケメンなら色で仕事できたりもしますけど、身を滅ぼしやすいし大きく稼いでる人はほとんどいなかったかな。とにかく下心優先だとうまくいくとは思えないですね。
Tさんはその辺どうだったんですか?
私は仕事とその辺は切り離してるんで、あまり面白い話はないです。ただスカウトマンとしていい仕事をしてれば自然とモテるようになりますよ。私も仕事がうまくいくにつれて女の子が寄ってくるようになりましたから。
どういうことですか?
できるスカウトマンって、女の子を大事にするんですよ。女の子のデメリットを可能な限り減らすような仕事をするんです。そういう仕事をしてると女の子から信頼されるし、頼りにされます。結果、モテるっていう感じです。
モテたいならデキる男になれって感じですかね?
実際成功してるスカウトマンって、モテる人すごく多いですよ。でもそれってスカウトマンだからじゃなくて、仕事ができるからです。

元ネットスカウトマンのやり方とコツ

これが一番聞きたいんですが、Tさんはどうやって稼いでいたんですか?Tさんのネットスカウトのやり方やコツを可能な範囲で教えてください。
私はやれることは本当に何でもやりましたよ。細かいことまで言うとすごい長くなっちゃうんで、特に汎用性のありそうな方法だけ言いますね。

①ブログで女性からのアクセスを集める

①は、女性ナイトワーク志望者が検索しそうな内容の記事をブログに書いてアクセスを集めて、そこから自分にアポをもらうというやり方です。

ナイトワークに興味がある女性って、働くにあたって色々ネットで調べるんですよ。この地方で働くならどこがいいとか、ここの店はどうなのかとか。

そういった情報をブログに沢山書いておくんです。ブログが育ってくれば、検索からブログを見た子が連絡くれるようになりますよ。

ブログはどのくらいかけて、どのくらい効果があったんですか?
ブログ継続期間は2年に満たないですね。しかも私は自分で書くの面倒だったんで、ネタと指示だけ出してライターに書かせました。

でも効果は絶大でした。軌道に乗ったあとは売上の8割がブログ経由でしたからね。金はかかりかましたけど余裕で回収できましたよ。

記事は300記事はアップしたと思います。対象の女性がどんな情報を知りたがっているか見極めるのがコツです。

そういうのってどんな記事を書けばいいんでしょう?
私はYahoo知恵袋みたいな質問サイトからネタ集めましたね。ナイトワーク志望の女性の質問を見まくりました。

例えば今ざっと見てみただけでこんな質問が見つかりました。

公務員に内定してから風俗で働くのはアウトですか?
税金について教えてください来月から風俗で働く予定の大学3年生です
現在39歳です。この歳から風俗で働くのはやはり無理でしょうか

世の中のナイトワーカー志望の女性はこのように知りたいことがいっぱいあります。こういった疑問の答えが書いてあるブログを作るんです。

それって色々な知識がないと書けなくないですか?
質問・答え含めてほとんど知恵袋のリライトですよ。

似たような質問3つ位合わせてリライトすれば1ページ分の文章量ができますから、大まかな指示だけ出してライターにやってもらうんです。

あとはそれを色々なネタで何ページも作ります。するとブログに細かなアクセスが集まるようになって最終的にかなりのアクセス数になります。

ちなみに、どういう立ち位置で書くんですか?
ナイトワークのプロエージェントっていう感じですね。あとで言いますけど、twitterのキャラ設定と同じです。

ナイトワークって女の子の不利益になることも結構あるじゃないですか。そういったマイナス面もしっかり書いておくと信頼性が高まるんですよ。

あとはブログに自分のLINE連絡先を載せておいていつでも女の子からの相談に乗れる態勢を作っておけば、少なからず連絡が来るようになります。

そのブログ、見せてもらうわけにはいきませんよね…?
それはさすがにできません。大体、もうある会社に売っちゃいましたし。

具体的な値段は言えないですけど、某社から1000万代で買うってオファーがあったんですよ。アクセスも落ちてきてましたし売っちゃいました。

最盛期は月200万売り上げてましたからもっと高くてもよかったくらいですけど、ライター代50万もかかってないんですごいリターンですよね。

それでも1000万代はすごい…見たかったです。
全く関係ないサイトさんですけど、構造的にはこういったサイトに似てますね。私のサイトはもっとぜんぜんクオリティ低かったですけど。

②ツイッターで自己ブランディング

②ですけど、転職でも転職エージェントっていますよね?あんな感じでナイトワークのプロエージェント的に自己をブランディングしていくんです。

要はナイトワークのエージェントとして有名になれば、女の子のほうから連絡や相談が来るっていう感じです。そこで仕事を紹介するわけです。

たとえばここに出てる人達なんか有名ですね。私の場合はここまで及びませんでしたけど、それでもtwitterから結構アポ取れましたよ。

このポイントではコツってありますか?
言葉で言うのは難しいですね…。詳しくはさっきの人達のアカウント見てもらえばなんとなくわかると思います。

ただ言えるのは、ナイトワークならこの人に相談してみようと思われるくらいの信頼性を感じさせるアカウントにしていくべきだということです。

上手い人は、表に出にくい情報・女の子への思いやり・緊張させないユーモアなんかを絶妙に織り交ぜて魅力的な人間性を見せてますね。

ブランディングってコツコツ作り上げないと難しそうですね。
これかなり難しいですよ。上手くできる人は少ないと思います。

twitterは最初はブログの補助くらいと考えておいて、慣れてきたらブランディングに舵を切るでも良いと思います。

でもブログもそうですけど、こういった「待ち」の営業ツールが軌道に乗ると楽ですよ。何もしなくてもお金が入ってくるようなもんですからね。

③パパ活やマッチングアプリなどを活用

③はアプリやサイトで営業を仕掛けるスタンダードな方法です。初心者が現実的に始めやすいのはこのあたりでしょう。今はSNSなんかネットスカウトマンだらけで競争は激しくはなってきてますけど、まだ穴はあります。
どんなアプリを使うのがおすすめですか?
私がよく使ってたのはパパ活アプリ(サイト)ですね。

パパ活女子は基本みんなお金を欲しがってるんで、何人も捕まえました。

もちろんネットスカウト目的でパパ活アプリを使うのはNGなんで、そういった書き込みなどがバレるとBANされますから、上手くやる必要があります。

Tさんがやってた方法ってどんな感じですか?
まず不自然にならないくらいの良い条件を提示してアポをとります。顔合わせでお茶した時にキツい条件を切り出してとりあえずその条件でのパパ活は諦めさせて、もっと楽に稼げる方法としてお店を勧めるという流れです。
それ、そんなにうまくいきます?
簡単じゃないです。スカウトがスムーズになるキャラ設定と演技力が必要ですね。話を切り出すタイミングとかも難しい。でもパパ活女子って思うように稼げてない子も多いんで、興味を示す子は多かったですよ。
マッチングアプリや出会い系も同様ですか?
基本は同様ですけど、餌の撒き方とかが違ってきます。アプリ・サイトごとに特色があるんでそこに合わせた戦略を考えます。

マッチングアプリは金目当ての子が少ないんで反応をゲットするのに工夫がいります。ただ定額のとこが多いから金はそんなにかかりません。

出会い系は素人のフリした風俗業者が多いので、わざと業者の子に会って営業したりもできます。ただ引き抜きトラブルになると面倒です。

その他に使えるアプリやサイトはありますか?
激戦区のtwitterでも工夫すれば意外と取れます。色々なハッシュタグで呟いて待っておくとか。ハッシュタグを本当に上手く使えてる人は少ないです。

時代遅れと思われがちな掲示板も実は使えますよ。金くれ系の掲示板とか意外に反応あります。家出掲示板とか、メンヘラコミュニティもいいですね。

あとは動画サイトも実は効果大きいんですけど、なかなかそこまでやる人いないのでおすすめですよ。削除回避には頭使わないとだめですけどね。

④協力してくれる人脈を作っておく

④は要するに、自分にお客さんを回してくれる人脈作りです。

ネットでもリアルでもいいんですけど、女性と多く関わる人との繋がりを作っておいて、何かあった時自分を紹介してもらってました。

例えば私は、あるサイトの管理人に営業かけてずいぶんお客さん回してもらいましたね。他にもここでは言えない真っ当な職業の人からも…

真っ当な職の人もそういうことするんですね…
善意で紹介してくる人も多いですよ。世の中金に困ってる女性ってほんと多いんです。下手な所で働くよりは私に相談したほうがいいって思われるくらいには紹介者からの信頼得てましたから。実際フォローは手厚いですしね。
しかし、どういう人へ営業かければいいんでしょうか?
基本は女性と多く関わる人が良いと思うんですが、スカウトマン紹介してもあまり不自然じゃない人とかこっそりやれる人が良いと思います。

職業より個人の性格によるところが大きいので、最初は知り合いから攻めて感覚掴むのもいいかもしれません。

私の時は、パパ活のパパブログの管理人、友達がすごい多いパリピ、ネットワークビジネス中毒のヤンママとかがよく話持ってきてくれました。

ちなみにそれって紹介してもらったらバックするんですか?
勿論私から何かしら御礼はします。信頼される第一条件ってそこですから。
バックして利益出るんですか?
当然利益が出るようには計算してますよ。でも時には利益度外視でやることもしました。それがのちの営業とか口コミに繋がったりもします。

⑤稼ぐためのマインドセットをする

⑤は具体的な手法ではなくマインドセットの話です。

私流なので果たしてこれが正解なのかどうかはわかりませんが。

とにかく稼げないネットスカウトマンは自分のことしか考えられないクズが多いです。その逆をやるだけで正解に近づけると思います。

それは…。例えばどういった点でしょうか。
例えばtwitterで女の子のアカウントにいきなりスカウトのリプライして、断られたらバカ、ブスみたいな罵倒したりしてる奴をよく見ます。殆どのネットスカウトマンってこんなレベルで、女の子のことを全く考えてません。
ではその逆のマインドセットというと…
すごく大雑把に言うと「ちゃんと女の子のことを考える」になります。

私の場合、女の子が有益な情報を得られるようにブログを育てましたし、いい店を紹介できるように業界のこともめちゃくちゃ調べました。自分の利益にならないフォローをすることもかなりありました。

それもこれも、女の子がなるべく嫌な目に合わないようにする配慮からです。私が稼げたのはこういうスタンスだったのが一番の理由です。

従来のスカウトマンのイメージと違いますね。
スカウトマンも客商売のビジネスであるということを理解するべきです。オラオラ営業しても稼げるのは目先の小銭だけ。基本はお客様に誠実にやっていったほうが後々大きな稼ぎになります。
なるほど。新宿スワンのタツヒコもけっこう優しい奴ですしね。
まあでも優しいだけのスカウトマンもそれはそれで全然稼げてないです。

「ちゃんと女の子のことを考える」というのは単に優しくしろということではなくて、適切な相手に適切なサービスを提供できるようにすることです。

伝わりにくいかもしれないですけど、「人間を大事にする姿勢」を仕事(ビジネス)に反映させるんですよ。そういうスタンスでやってればきっといつかうまくいきます。

なるほど…。(よくわからなかった)
ちなみに私、新宿スワン読んだことないんですよね。
えっ…。スカウトマンなら皆読んでるのかと思いました。

-インタビュー

Copyright© アダルトアフィリエイトのすすめ!初心者から月100万稼いだ人のブログ , 2019 All Rights Reserved.